セイヨウノコギリソウ(キク科)
Achillea millefolium (Asteraceae)

欧州原産の多年草。花期7~9月。花期の全草を発汗、解熱、降圧、利尿、泌尿器の防腐薬とする。一般にヤロウと称されるものは本種である。名は西洋鋸草で、葉の形がノコギリに似ているので名付けられた。

seiyounokogirisou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.6.12;帝京大学薬用植物園)