シオン(キク科)
Aster tataricus (Asteraceae)

本州中国地方、九州の山地の湿った草地に生える多年草。花期8~10月。根を紫苑(シオン)と称し、鎮咳去痰薬とする。名の由来は漢名紫苑をそのまま音読みしたもの。もともとはシベリアタタール地方が原産といわれている。

shion

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.10.18;帝京大学薬用植物園)