ウスベニタチアオイ(アオイ科)
Althaea officinalis (Malvaceae)

欧州~中央アジア原産の多年草で、根をアルテア根と称し、粘滑・緩和薬、浣腸料、うがい料として初版~第四改正版局方に収載されていた。第三改正版では葉をアルテア葉の名で収載、同様に用いられた。英名はmarsh marrowといい、古くはその樹液に卵白や砂糖を混ぜてマシュマロ(marshmallow)をつくった。

usubenitachiaoi
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.9.7;北海道医療大薬用植物園)