サボンソウ(ナデシコ科)
Saponaria officinalis (Caryophyllaceae)

欧州原産の多年草。根をサポナリア根と称し、去痰、慢性皮膚疾患に用いる。葉にサポニンが含まれ、洗濯用に用いられることもある。サポニンが多く含まれ水と混ぜると泡立つので、石けんの古名のザボンの名を冠して名付けられた。

zabonsou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.6.12;帝京大学薬用植物園)