ハズ(トウダイグサ科)
Croton tiglium (Euphorbiaceae)

東南アジア熱帯を原産とする小高木で、種子を巴豆と称し、峻下剤・催吐剤とする。神農本草経の下品に収載される歴史的薬物であるが、作用が激しいため、漢方ではほとんど用いない。局方では第二国民医薬品集、第七版局方に収載された。発がんプロモーターであるフォルボールエステル(TPA)を含む。

hazu

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.6.27;武田薬品工業(株)京都薬用植物園)