キキョウ(キキョウ科)
Platycodon grandiflora (Campanulaceae)

日当たりのよい山地草原に生える多年草。花期は7~9月。秋の七草の一つ。根を乾燥したものが生薬キキョウ(桔梗)であり、オレアナン系トリテルペンポニンを多く含む。同じくサポニン含量の高いセネガ(ヒメハギ科セネガ、ヒロハセネガの根)、オンジ(遠志;ヒメハギ科イトヒメハギの根)とともに去痰薬として家庭薬として用いるほか、桔梗湯、排膿散などの漢方処方に配合される。

kikyou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.7.3;帝京大学薬用植物園)