オクトリカブト(キンポウゲ科)
Aconitum japonicum subsp. subcuneatum (Ranunculaceae)

北海道および新潟県以北の本州日本海側の山地林内のやや湿り気のあるところに生える。花期は8~9月。葉は3~7裂し、裂片の縁に鋸歯~重鋸歯がある。名は陸奥地方に多いことに由来する。トリカブト類の中でもとりわけ毒性が強いことで知られる。塊根を生薬ウズ(烏頭)、ブシ(附子)と称し、漢方で鎮痛、強壮、新陳代謝機能亢進などの目的で八味地黄丸、真武湯、四逆湯などに配合される。日本薬局方ブシはハナトリカブトとともに本種を基原とする。毒成分はアコニチン(aconitine)。(→関連ページ

okutorikabuto

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.9.6;北海道大学理学部附属植物園)