シソ科 Lamiaceae
シソ Perilla frutescens var. crispa
薬用部位: 中国原産の一年草で畑で栽培されるが、時に逸出して野生状態になっているのを見かける。花期は8~9月。本種の葉、枝先を生薬ソヨウ(蘇葉)と称し、解熱、鎮咳、健胃、利尿などの目的で香蘇散、半夏厚朴湯などの漢方処方に配合されるほか、葉は食用としても利用される。成分はペリルアルデヒド(Perillaldehyde)を主成分とする精油(→主な精油成分関連ページ)と、シソ科タンニンと称せられるロスマリン酸(Rosmarinic acid)である。
shiso
→ホーム(2004.9.16;帝京大学薬用植物園)