キンポウゲ科 Ranunculaceae
ハナトリカブト Aconitum carmichaelii
薬用部位: 中国原産で園芸用に栽培され、切花などに利用される。別名カラトリカブト。花期は7~9月。葉は有柄で掌状に3全裂する。無毛で葉質は厚く光沢がある。園芸分野では学名をA. chinenseとするが、現在では異名とされる。塊根にはアルカロイドが含まれ猛毒であるが、生薬ウズ(烏頭)、ブシ(附子)と称し、漢方で鎮痛、強壮、新陳代謝機能亢進などの目的で八味地黄丸、真武湯、四逆湯などに配合される。毒成分はアコニチン(aconitine)。(→関連ページ
hanatorikabuto
→ホーム(2004.10.27;帝京大学薬用植物園)