ヨーロッパイチイ(イチイ科)
Taxus baccata (Taxaceae)

欧州全域と西アジアの一部に分布する常緑高木。熟すと赤熟する仮種皮は甘味があって食べられるが、種子は有毒である。種子を瀉下、鎮咳薬、葉を駆虫薬とする。葉、種子にタキサン系ジテルペンを多く含む。特に、葉に含まれる10-deacetylbaccatinは抗癌薬パクリタキセル(paclitaxel)、ドセタキセル(docetaxel)を半合成する原料として重要である。

bakkaku

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.7.24;英国王立キュー植物園)