ヒヨス(ナス科)
Hyoscyamus niger (Solanaceae)

ユーラシア原産の多年草。葉を鎮痛、鎮痙薬とする。トロパンアルカロイドを含み、主成分ヒヨスチアミン(hyoscyamine)アトロピン(atropine)の光学活性体(左旋性)である。(→関連ページ

hiyosu

→戻る:PCmobile(2013.9.7;北海道医療大薬用植物園)