クスノキ(クスノキ科)
Cinnamomum camphora (Lauraceae)

本州、九州、四国の暖地に生える常緑高木。花期5~6月。材、葉に精油を多く含み、樟脳油と称する。主成分はカンフル(camphor)で、香料、医薬品原料、防虫剤、打撲傷薬として利用される。(→主な精油成分関連ページ)名は奇木(くすしきき)が訛ったといわれる。

kusunoki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.5.29;八王子市南大沢首都大学東京構内)