ミブヨモギ(キク科)
Seriphidium maritimum (Asteraceae)

欧州原産の多年草で回虫駆除薬であるサントニン(santonin)の製造原料の一つ。わが国で品種改良が進められ、サントニン含量は1~3%に達する。和名の由来はヨモギに似ていて京都府壬生(みぶ)でかって栽培されていたことによる。サントニンを含むので、ヨモギ(Artemisia)属から区別されたが、近年ではArtemisia maritimaの学名が復活しつつある。

mibuyomogi

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2003.9.13;星薬科大学薬用植物園)