ヒルガオ科 Convolvulaceae
アサガオ Ipomoea nil
薬用部位: 熱帯アジア原産のつる性一年草。花期は7~9月。本種の種子を生薬ケンゴシ(牽牛子)と称し、粉末を下薬として用いる。用量により緩下薬、峻下薬となる。主として家庭薬原料となる。成分として樹脂配糖体(pharbitin)を含む。
asagao
→ホーム(2009.10.10;八王子市南大沢)