イチョウ(イチョウ科)
Ginkgo biloba(Ginkgoaceae)

中国原産といわれる雌雄異株の落葉高木。花期は4月だが、花は目立たない。内種皮に包まれた種仁を本邦ではギンナン(銀杏)と称し茶わん蒸しなどに食用とするが、中国では白果(ハクカ)と称し鎮咳の効ありとして薬用とする。葉より製したエキス製剤EGb761には、脳血流を増進し脳機能障害の改善効果があるとして欧米ではよく用いられる。果肉には有毒アレルギー成分であるギンコール酸(ginkgolic acid)が含まれるが、葉や種仁にも含まれるが、EGb761では本物質の大半は除去されている。(→関連リンク

ichou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2003.9.15;東京大学理学部附属植物園)