トウアズキ(マメ科)
Abrus precatorius (Fabaceae)

熱帯アジア原産のつる性植物で熱帯各地に野生化している。葉には甘味があり天然甘味料として利用される。かってはグリチルリチンが含まれるとされたが、別の甘味サポニンであることが明らかとなった。種子には猛毒性蛋白であるアブリンが含まれる。アブリンはトウダイグサ科トウゴマの種子に含まれる類似の毒性蛋白リシンの75倍の毒性があるという。中国ではこれを相思子(ソウシシ)と称して駆虫などに用いる。種子はネックレスなど装飾品としても利用される。

touazuki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(1998.3.8;フィリピンパラワン島ウルガン湾岸)