五條天神社の「うけらの神事」
→ホーム  (2006/2/5 upload)  →戻る

 五條天神社は大己貴命(大国主命おおくにのぬしのみことの本名)と少彦名命(すくなひこなのみこと)を主神として祀る神社であるが、江戸時代初期から菅原道真も合祀したので、天神の名も併せ持つ。大己貴命、少彦名命は、日本で古くから医薬の祖として崇められる神なので、五條天神社では病鬼を退散させる追儺(ついな)の神事がしばしば行われる。毎年、2月3日に行われる「うけらの神事」もその一つであり、節分祭、蟇目式(ひきめしき)とともに催される。この神事では、社殿内の儀式の間中、「うけら(オケラのこと)」を焚き続け、邪気を祓う。参拝者には「うけら餅」が配られる(有料で300円)が、餅とともに「うけら」も受けられ、立春の日(2月4日)に「うけら」を焚きながら餅を焼いて食べると、一年間無病健康に過ごすことができると伝えられ、江戸時代に流行したという。実際に配られた「うけら」は、ホソバオケラの根茎であるソウジュツ(蒼朮)であった。無論、オケラの根茎であるビャクジュツ(白朮)を焚いてもかまわない。ソウジュツ、ビャクジュツのいずれも漢方医学の要薬であるので、医薬祖神の神事に相応しいといえる。但し、「うけら」を焚くのは漢方医学と直接関係はなく、中国の神仙思想に起源が求められるようだ(→詳しくは日本の伝統習俗とオケラの関わりを参照)。

 東京都台東区上野公園内にある五條天神社。小さいながら由緒ある神社と知られ、参拝者は多い。  毎年、立春の前日に、珍しい神事である「うけらの神事」が行われる。
 神弓、神矢で鬼や病霊を祓う儀式で、蟇目式(ひきめしき)という。宮司が行う。  氏子の年番総代が斎主として病鬼と対面、問答をする。鬼は過ちを悟り神前より退散する。
 社殿内にいるのは四つ金目の「方相(ほうぞう)氏」で、鬼を退治、追い払う役割をもつ。  方相氏に追われて退散する鬼。
 神事の最後に「豆まき」が行われるが、「福は内」とは唱えないのが、五條天神社の神事の特徴である。  鬼討豆、神矢などを待ち受ける参拝者。