アオイ科 Malvaceae
カラスノゴマ Corchoropsis crenata
生態: 北海道を除く本邦各地の道端や畑などに生える1年草。葉は互生し、卵形で縁に鋸歯がある。花期は8~9月で葉腋に1個の花をつける。ゴマの名を冠しているが、分類学的には全く関係はない。むしろラテン学名Corchoropsisが示すように、同じシナノキ科草本であるシマツナソ(モロヘイヤ)とよく似ている。名は烏の胡麻で、胡麻のように実ははじけて種を取ることができるが、役に立たないとしてカラスの名を付けた。
karasunogoma
→ホーム(2005.11.3;八王子市南大沢)