ミカン科 Rutaceae
カラスザンショウ Zanthoxylum ailanthoides
生態、薬用部位: 本州、四国、九州の山野に生える落葉高木。葉は偶数羽状複葉で互生し、小葉は皮針形、基部は円形、鋸歯がある。幹に鋭い刺を散生する。花期7~8月。葉を駆風、果実を健胃薬とする。幹は下駄、桶などの工芸用とする。サンショウの仲間(Zanthoxylum属)だが、本種とイヌザンショウアルカロイドを含みFagara属として区別されることもある。名は烏山椒で、サンショウの仲間で役に立たないことから名付けられたと思われる。
karasuzanshou
→ホーム(2005.8.11;津久井町青山)