タケニグサ(ケシ科)
Macleaya cordata (Papaveraceae)

本州、四国、九州の日当たりのよい荒地や道端などに生える多年草。葉は大きく裏面には縮毛が密生する。茎の先に大きな円錐花序をつけ多数の白い花をつける。全草を博落廻(ハクラクカイ)と称し民間で皮膚病薬や害虫駆除に用いる。アルカロイドを含み有毒。名の由来として、竹と一緒に似ると柔らかくなるから竹似草という説と、茎が竹の様に中空だから竹似草という説がある。(→関連ページ

takenigusa
→戻る:PCmobile(2004.7.4;八王子市下柚木)