ヒヨドリバナ(キク科)
Eupatorium makinoi (Asteraceae)

本邦各地の山野に生える多年草。葉は短い柄があって対生し、長楕円形~披針形で先は尖ってふちにまばらな鋸歯がある。頭花は散房状につき、多数の花をつける。花期は8~10月。沖縄に自生する類似種にタイワンヒヨドリバナモドキがあるほか、フジバカマも同属である。名の由来はヒヨドリが鳴くころ花が咲くからという。

hiyodoribana

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.8.22;八王子市鑓水)