ハマセンダン(ミカン科)
Tetradium glabrifolium var. glaucum (Rutaceae)

東アジアの亜熱帯から熱帯に分布し、南西諸島では海岸近くの低地林に見られる常緑高木。葉は奇数羽状複葉で対生し、小葉は7~15枚あって卵形、全縁で先は鋭く尖る。センダンに似ているのでその名の由来がある。花期は5月~8月、葉腋から集散花序を出し、白花を多くつける。蒴果は直径7~9ミリの球形。器具材として用いる。

hamasendan

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.3.22 上原低地林)