コンロンカ(アカネ科)
Mussaenda parviflora (Rubiaceae)

南西諸島、台湾、中国南部の亜熱帯に分布する半つる性常緑低木。林縁に生える。葉は対生し、長楕円形~長卵形、全縁で先は鋭く尖り、両面に短毛がある。花期は3月~5月、枝先に集散花序を出し、花冠が漏斗形で先は5裂する黄色花をまばらにつける。萼片は5個、先が尖る広卵形で白色で花よりずっと大きい。液果は長さ約1センチの楕円形で黒紫色に熟す。八重山諸島産はヤエヤマコンロンカvar. yaeyamensisとして区別されることがある。

konronka

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.3.25 上原山地林縁)