タカサゴコウゾリナ(キク科)
Blumea hieraciifolia(Asteraceae)

トカラ列島以南の南西諸島各島の日当たりの良い草地に生え、国外では台湾、中国~インド、東南アジアに広く分布する多年草。茎は直立し、全体に銀灰色の短い柔毛を密生する。葉は互生してごく短い葉柄があり、長楕円形で先は丸く、縁に鋸歯がある。花期は2月~4月、茎の先あるいは葉腋から総状花序を出し、鐘形で黄色、総苞の外片はやや紫色を帯びた頭花を密集する。

takasagokouzorina

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2003.3.21 大見謝)