イリオモテムラサキ(シソ科)
Callicarpa oshimensis var. iriomotensis (Lamiaceae)

石垣島、西表島、与那国島の林内に生える常緑低木で、八重山の固有変種で、母種は奄美大島・徳之島の固有種オオシマムラサキ。小枝に星状毛が密生する。葉は対生し、卵形~卵状長楕円形、粗い鋸歯があり、先は尖る。花期5月~6月。花は葉腋から少数つく。果実は直径約2.5~3ミリの球形で紫色に熟す。西表島には同属種としてオオムラサキシキブが自生するが、本種はそれよりずっと地味である。

iriomotemurasaki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2006.3.14 大見謝)