サンゴジュ(レンプクソウ科)
Viburnum odoratissimum var. awabuki (Adoxaceae)

房総半島以西南のわが国からアジアの亜熱帯、熱帯に広く分布する常緑高木。葉は対生し、葉身は長楕円形、縁は全縁~まばらな鋸歯があり、先は尖る。質は厚く、表面は光沢がある。葉は、通例、主脈を中心に表側に反り返る。花期4月~5月、枝先に円錐花序を出し、白い花を多数つけ、熟果は赤く鮮やかである。

sangoju

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(1996年7月 高那~古見)