ハマウド(セリ科)
Angelica japonica (Apiaceae)

関東以西の本州から四国、九州、南西諸島各島のほか、国外では朝鮮半島南部に分布する大型の多年草。茎の上部は分枝して細毛が生え、葉の縁とともに暗紫色を帯びる。下方のものは1~2回3出複葉、葉柄の基部はふくらんで鞘状になる。小葉は卵状楕円形、無毛で光沢があり、細かい鋸歯がある。花期は3月~6月、枝先から複散形花序を出し、白色の小さな花を密につける。果実は分裂果で、扁平な広楕円形、3個の扁平な分果からなり、分離する。南西諸島産をナンゴクハマウドvar. hirsutifloraと変種に区別することもあるが、少なくとも写真の個体は本土のハマウドと区別は困難である。

hamaudo
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.3.30 星立)