ホソバワダン(キク科)
Crepidiastrum lanceolatum (Asteraceae)

本州の島根県、山口県の日本海側から南西諸島各島に生え、国外では朝鮮半島南部、中国に分布する多年草。古い株では根元が木質化する。葉は互生し、へら状の細長い楕円形、全縁、先は尖る。花期は10月から3月ごろ、茎先から散形花序を出し、ヤクシソウに似た黄色い頭花をつける。

hosobawadan

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2006.3.16 大原)