すい臓がんについて
       

(すい臓の場所)
 すい臓は胃の後ろ側、背骨の前にあり、長さ約10〜15cm、厚さ約2〜3cm
でおたまじゃくしのような形をしており、十二指腸側をすい頭部、脾臓側をす
い尾部、中ほどをすい体部といいます。すい臓の中には膵管が通っていて
すい臓がんの約9割はここにできる『膵管がん』をさします。
 出口(頭)の部分が十二指腸につながっています。
 すい臓の位置など
すい臓の働き)
 消化器の一つですから、食べ物の消化です。すい臓には大きな働きがふ
たつあり、その一つがすい液という消化液の生産。これをすい管の中に分
泌(外分泌機能)して、十二指腸へ送り込みます。
 もう一つは様々なホルモンの分泌(内分泌機能)で、その代表格がインシ
ュリンです。インシュリンには血液中のぶどう糖(血糖)の濃度を調節する
働きがあり、この分泌が減ると糖尿病の危険性が高まります。
 このように、すい臓は極めて重要な臓器の一つです


 すい臓がんにもいろいろあって私のかかったのは、膵管細胞癌といって
もっとも進行が早いものです。   

 がんの位置は、すい臓の頭部にできています

 胃の痛みや、背中の痛みで病院にかかっても、胃や十二指腸の検査だけ
ですい臓の異常については見逃されがちです。このような症状がでてから
では、すい臓がんであれば、残念ながらすでに進行している場合がほとん
どです。
 すい臓がんの初期には、特徴的な症状がありません。また、すい臓がん
になりやすい理由もわかっていません。そのため早期発見がたいへんむず
かしいのです

(すい臓がんの診断)
 
超音波検査(エコー)やCT検査では、がんそのものと、がんが膵液の通り
をさまたげるためにできる膵管のふくらみを診ます。多くの場合はこの検査
で診断できますが、確定診断にいたらない場合には、超音波内視鏡をもち
いたり、内視鏡を使って膵管に直接造影剤を注入し、エックス線撮影をす
るERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影法)という検査を行います。
 この検査では、膵管の細部まで観察できるので、直径1〜2mmの小さなが
んでも見つけられます。続けてスコープを膵管に入れ、中のようすを目で確
認できるほか、同時に膵液の一部を吸いとることもできます。採取した膵液
にがん細胞が混じっていないかどうかを調べる病理検査も行われ、膵液の
遺伝子異常の検査もできますので、一度に多くの情報を得られる検査だと
いえます。

がんのマーカーを調べる血液検査も行いますが、これらはがんが早期の場
合、ほとんど異常値を示してはくれませんので、進行がんの診断や治療の
効果判定にもちいられます。

 このように、すい臓がんの早期発見は、大きな設備のある病院の専門医
でしかできないようです。

(すい臓がんの治療)
 がんが膵臓あるいはその近辺に限局している場合は、切除手術あるいは
手術を中心とした集学的治療を行います。がんの範囲は限局しているけれ
ども切除できない理由がある場合には、放射線療法や放射線療法と化学
療法の組み合わせなどが行われます。これらにバイパス手術を組み合わ
せることもあります。がんが広い範囲にある場合には抗がん剤による治療
を行います。
 いずれの場合も全身状態があまりよくないため、がんに対する治療の負
担が大きすぎると考えられる場合には、別の治療を行ったり、痛みのコント
ロールや栄養の管理など対症的な治療のみに止める場合もあります。


 この抗がん剤は、2001年4月に認可され、すい臓がんの第一選択薬と
して使われているジェムザール。

                       最初のページに戻る TOPへ