何よりも優先するのは

 

安全

 

お客様に大切な荷物をお届けするのが使命です。

 

 

 

貨物列車が貨物駅に到着すると荷役作業をする線路に貨車を移動するための

入換作業というものが発生します。

その為、誘導による入換作業が行われ

作業のリーダーとなるのが操車係で運転士の運転する機関車及び貨車を

操車係の誘導によって移動させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1人1人が安全確保の主役となって

貨車が無事に本線上を列車として走行出来るように一つ一つ点検し確認して

一つの列車を作っていきます。

確実で丁寧な確認が必要な作業です

 

 

 

 

操車係として仕事をするまでには鉄道に関する知識が必要になる為

殆どが未経験からの入社ですが当社では十分な教育期間が設けられており(半年〜1年)

机上の研修から実地研修、現場での見習いを経て本務作業へと入って行きます。

鉄道事業では安全に作業することが前提となっているので

作業する際にも安全が最優先です。

当社社員も安全に作業できる環境の中で安心して仕事をしています。

 

 

大量に多くの貨物を一度に運ぶことのできる鉄道貨物輸送

列車の編成は長大で最大で26両編成となり機関車から最後部の

貨車までの長さは約540メーターにもなります。

作業には必然的に重大な責任が発生しますが

日々、丁寧確実な作業で安定輸送に貢献することを使命とし

まさに、プロフェッショナルとしての仕事をしています。

 

 

 

トップへ戻る