UNSUNG HERO!
こんにちは。採用の「中の人」です。
「採用情報」ページにアクセスしていただきありがとうございます。
このページを見ていただいているということは、九州ロジに興味を持っている方だと思います。

 

仕事?
では、ストレートに聞きます。
あなたは、仕事について、何を求めているのでしょうか?
もしくは、自分の長い人生で何を成し遂げ、そして、どうしていきたいのでしょうか?
皆さんが仕事を選ぶときの優先順位は、何でしょうか?
給与、安定、ネームバリュー、仕事の楽さ、家から近い、などなど。

 

それらは人によってまったく異なることでしょう。
そして、人生のちょっとだけ先輩の「中の人」として偉そうに(笑)言わせていただければ、常に変化するものであり、たった一つだけが答えではありません。言い換えれば、ひとり一人が成長していくので、それにつれて変わってくる可能性が大いにあります。

 

目立ちたい?
皆さんは、世間からの注目を浴び、スポットライトを浴びるようになりたいですか?
もし、そうであれば、その道でがんばってください!応援します。

 

 

私たちの仕事は、正直に言いますと、スポットライトを浴びることはありません。
TVで大きく取り上げられることもほとんどないでしょう。
「鉄道貨物輸送」というものは、世の中の人にはあまり知られていないでしょう。
しかし、身の回りの食料、農業製品、工業製品、石油、本、雑貨などのありとあらゆるものはどのようにして手元まで届いているのでしょうか。
生産地から間違いなく届ける仕事があるから、世界は周っているのです。

 

 

私たちは、縁の下の力持ち(=UNSUNG HERO)。
まったくその通りの仕事をしています。
人の役に立ちたい。このように考えられる人は、私たちはカッコイイと思います。
そして、そのような人でありたいと思っています。
そのようなプライドが私たちを毎日、動かしています。

 

変化?
毎日の生活で大きな変化を感じることはありますか?
正直、あまりないですよね。
小学生の絵日記風に言えば、
「朝、起きて、ご飯食べて、夜、寝た」(笑)。

 

“いま、この一瞬に全力をかける”ことは、素敵なことであります。
スポーツ選手の試合などでは、その一瞬に感動をもらえることもあります。
その一瞬は、本当に短い時間です。
一瞬の中には、大きな変化はないでしょう。

 

でも、皆さんの長い人生、必ず何らかの変化が訪れます。
例えば、鏡で自分の顔を見てください。
昨日の顔と違いますか?
明日の顔はどうですか?
ほぼほぼ一緒ですよね。
しかし、10年前の写真を見ると同じ人間なのは間違いないのですが、明らかに今日の顔と違いますよね。
連続した毎日の中では気付きにくい変化は必ずあります。

 

正直な話、私たちの仕事は、一朝一夕にできるようになりません。
正社員しか募集していないことから、おわかりになると思いますが、長い時間をかけて技術(=テクニック)を習得し、経験を積み、一人前になっていくのです。
そう、変化を感じた時には、最前線の人なのです。

 

 

人との出会いは、心の財産である
会社って、何のためにあるのでしょうか?
世の中では個人でお店をやっている方や研究をしている人がいます。
でも、ひとりの力は限界があります。
たくさんの方のたくさんの力をあわせて、大きな結果を残す。
世の中の役に立つ。
これが会社なのです。

 

人生の長い時間を会社で過ごし、さまざまな人と出会い、
喜びや感激、時には悲しみも共有する。
人の力を信じ、手を取り合って大きな結果を出す。
それが会社である、そして、もっとも大きな財産である
と中の人は思っています。

 

乗り物?
私たちの仕事は、JR貨物が行っている鉄道貨物輸送の最前線で行っています。
事業所によって仕事内容は異なりますが、機関車を動かしたり、機関車に指示を出したり、トランスフォーマーかよ?と言いたくなるくらいの巨大な機械を自分の身体のように扱ったり、鉄道車両のメンテナンスをしたり・・。
ほとんどの仕事が「乗り物」に関係しています。
しかし、いわゆるマニア受けのするカッコイイモノばかりではないのです。
そこには、機能優先のデザイン、カッコよさがあります。
想像してみてください。
あなたがたった一人で30トンの大型コンテナを運んでいる姿を。
あなたが機関車を運転して、数十両の貨車を引っ張ってる姿を。

 

 

そして・・・
中の人として、熱くなり過ぎて、いろいろなことを言ってしまいました。
でも、伝えたいのです。
皆さんの力を合わせて、世の中の役に立ちませんか?
本当のプロフェッショナルとして、活躍しませんか?
自分のプライドを見つけませんか?

 

PLEASE COME!
UNSUNG HERO!

トップへ戻る