社員紹介6

社員紹介

現在の仕事の内容を教えてください

私は現在、入社して9年目をむかえた、輸送主任の東といいます。
鉄道事業という特殊な職種なので、最初は右も左もわからず「この仕事を確実にこなせることができるだろうか?」そんな不安もありました。しかし、駅指導担当から丁寧に教えてもらい基礎的な事が出来るようになったことを覚えています。その後は月1回行われる定例訓練でさらに知識を深め、日々の作業で技術を磨いてきました。班長に昇職した後、自分の作業に自信がもてた頃に主任試験を受けて、主任となりました。
主任として新入社員、転入社員に指導、教育をする機会も増えるようになりました。私は、自分の持っている知識や技術の全てを教えます。「教えることは学ぶこと」と言いますが、私自身もさらに多くのことを学びました。
これから先、ステップアップするために長試験を受けて、管理者を目指したいと思います。今は主任として所長のサポートをしながら、また日々の作業でも事故を起こさない、社員にも起こさせないように指導をしています。

社員紹介

今まで仕事上で苦労したこと

各事業所で、貨物列車が出発する時間や到着する時間が異なるので、早朝に作業したり深夜に作業したりします。生活のリズムが整いにくい職種ですが、貨物鉄道グループは、現在の日本の輸送業界を大きく引っ張っている為、人として責任感が芽生え、仕事を終えた後の満足感や達成感を得られます。
鉄道事業は様々な業務があり、特殊な職種でもある為、覚える事がとても多く一通りの業務をこなすまでに時間が掛かります。しかし、入社後すぐに駅指導担当から基本的な知識や技術を学びます。マンツーマンで教わるため、1つ1つ分かりやすく丁寧に学べるサポート体制を整えています。

社員紹介

これからのビジョン

鉄道事業の業務は、社会から注目され輸送障害が発生すると、ニュースで取り上げられたりします。JR貨物グループ社員として無事故、無災害は勿論、人的ミスによる輸送障害を起こさない使命と責任があります。その為、仕事に必要な知識と技術をしっかり身に付けなければなりません。
各社員、プロ意識をもち社会人として成長していくシステムを導入しています。昇職試験があり、班長・主任・副所長そして所長の扉は誰にでも開いています。昇職していく度に職責は重くなりますが、給与も順次UPしていきます。また、当社では現社会問題でもあるコンプライアンスにも力を入れており、これからも管理者が社員の意見を集め、議論を重ね、社員の居心地の良い職場環境を作って行こうと思います。

オフの日の過ごし方

皆さんにとって家族とは何でしょうか?私にとって家族とは、苦楽を共にしてお互い支え合い、尊重し合うかけがえのない存在です。
私には、生後5ヶ月になる息子がいます。結婚してから4年の月日が経ち待望の我が子を授かることが出来ました。仕事が終わり家に帰れば、他愛のない笑顔で迎えてくれます。この時、仕事の疲れなんて忘れてしまいます。休みの前日には、何処に行こうか?何しようか?ばかり考えています。まだ産まれて間もないので、息子の「初めての〜」を見つける事が楽しみです。家族との思い出を多く作り、息子からパワーを貰って日々の仕事に励んでいます。

社員紹介

トップへ戻る