p_f.gif

kousaku.gif

使っている器材をもっと使い易くする為に普段行っている工作・改造をご紹介するコーナーです。
少しでも皆様のご参考になれば幸いです。
ただ、このコーナーでご紹介する工作・改造をすることでメーカーの保証対象外となる物も多く含まれます。
必ず「自己責任」の上でお試しください。
このコーナーの工作・改造を行ったことによる故障・不具合・事故等、いかなる場合におきましても当店は
一切責任を負いかねますのでご了承ください。・・・・あくまでも「自己責任」で・・・・・・・
過去のログ
第1回
第2回


皆さんはデジカメをハウジングに入れる時、レンズキャップをどうされていますか?
私は、どこかに置いておくと、すぐ忘れて来てしまって・・・かと言ってハウジングには入らないし・・・
そこで!ハウジングにも入るレンズキャップを作ってみました。とても簡単に作れ、便利です。
皆さんも、要らなくなったウェットスーツ等を使って、是非作ってみてください。
用意した物 材料
ネオプレーン布地のはぎれ(要らないウェット等)、髪の毛を止めるゴム(100円ショップで購入)、スーツ用ボンド・・・・これだけです。

工具
はさみ・コンパス・ボンドを塗る筆・定規
生地をカットして写真のような部品を2個作ります。
丸い物は直径48ミリ
長四角の物は12ミリ×135ミリです。

*3ミリの生地を使用した場合
長四角の部品を輪になるように貼り付け、次に丸の部品と貼り付けます。
丸の部品の内側がジャージの場合は、ジャージ部分にボンドが染み込んでしまう為、
1回ボンドを塗って、完全に乾いてからもう1度塗って手に着かなくなる程度乾かし
(輪の方も同じくらい乾かして)貼り付けると良く着きます。
(写真の黒い部分)
こんな感じに出来ます。
端に穴をあけて、ゴムひもをつけます。
カメラのストラップを取り付ける所に付ければ完成です!
ハウジングに入れる時は、写真の部分に押し込めばOK!
裏蓋に挟んでしまうと”水没”の原因になります。注意してくださいね!。
ちょっと、一工夫
長四角の部品を作ったら、裏側のジャージを剥がしておくと、キャップが外れにくくて
GOODです。(布地が両面ジャージの場合)
ジャージを剥がす時は、シンナー等を使うと簡単です。ジョコウ液でも大丈夫だと思います。


さあ、いかがでしょう?うまくできましたか?
次回は、何を作りましょう?
次回も是非ご期待ください。

お知らせ
要らないウェットの無い方、あるけど生地が厚すぎる方等で、ご希望の方に
3ミリの両面ジャージの布地をお分けします。
封筒に80円切手5枚を入れ、返送先を明記の上当店までお送りください。
尚、色の指定はお受けできません、ご了承ください。
(お送りする布地で上記の大きさのキャップが2〜3個作れます)


                当店住所はこちらです。

p_f.gif

top.gif