秘伝 蚕豆炊き方レシピ


お多福豆(蚕豆)の炊き方器具:
内籠 落し蓋付 
鍋 (22cm以上)

《用意する物》     
材  料
ソラマメ500g
タンサン100g
  
砂  糖700g
豆を洗って水に8時間位い浸けて置く
(豆の量に対して6倍ぐらいの水で浸ける)
(皮が十分膨らんで豆が沈んだ時から炊き始める)
A 炊き始める@内籠に豆を入れ水を落し蓋より2〜3cm上まで入れタンサンをいれて炊き始める。A 沸騰したら吹きこぼれない中火で40分位炊くと皮が軟らかくなるので爪楊枝などで突き刺して皮の硬さを確認し火を止める。(出来るだけ柔らかくなるまで炊いて下さい)
B 1回目水洗いB 鍋ごと流しに持って行き、鍋の湯を捨て鍋を良く水洗いし、水を一杯に入れ内籠を漬けて 水を注ぎ2分間位置き、同じ事をもう一度繰り返す。C再び水を落し蓋の2〜3cm上まで入れ 15分位弱火で炊く    
C 2回目水洗いD Bと同じ様に1回水洗いをする。E豆が崩れている様だとタンサンの炊き時間を次回から調節して下さい。 
D 味を付ける@砂糖を好みの分量を入れ、水を内蓋1〜2cm上まで入れる、沸騰したら弱火で1時間位炊く。 B 内籠から容器に取り出す。
500gの蚕豆で半折箱10箱(市販600円)
出来ます
約210粒


トップへ
トップへ
戻る
戻る
秘伝