いわずと知れた本州最南端、黒潮あたる
関西磯釣りの聖地!名礁コメツブをはじめ
数々の伝説を生み出した釣場です。
80オーバー口白・70オーバー本イシ・60オーバーグレ
数え切れないほど実績あり
また、三月から石鯛が釣れる。


渡船名 場所 TEL NO 時間 料金 弁当 待合所
はま渡船 A 07356-2-0863 日の出−午後3時延長5時まで 4000円延長5000円 あり あり
うりた渡船
http://www1.ocn.ne.jp/~tosen/
B 07356-2-4050 日の出−午後3時延長5時まで
半夜午後3時-9時
4000円延長5000円 あり あり
出口渡船
潮岬磯釣同好会トップ
C 07356-2-0828 日の出−午後3時 4000円 あり あり
浜中渡船
http://minnaga.com/hamanaka/
0735-62-1278 4000円 弁当600円 あり あり

各渡船屋から船着き場までは、軽トラで崖を下りていく。これが岬名物恐怖の軽トラバック走法!
振り落とされないようにしっかりつかまってね!


大倉から沖向き釣り座が高く、足場がVの字にきれてて釣りにくい。乗り降り注意!!
Aが一番釣りやすい。右にいくほど足場は悪くなる。30−35M投げて
とにかく外道のでかいのが、よく釣れる。青ブダイ・イラ・ヒブダイ・さすが
黒潮分流で南国系のカラフルな魚が多い

下り潮が速く、釣りにならない。コメツブ。1の釣り座がドウネ向き底物ポイント

元日本記録の口白も釣れた名礁 コメツブ
本命釣り場は三人でいっぱい
コメツブへは出口渡船がつける
伝説の名礁!磯師あこがれの超1級磯。なかなかあがれない。
4月から5月ののっツ込み時がベスト。エサはサルボかとこぶしで!
  1. ほとんど写真の通り速い下り潮だが、反対のドウネに向かって流れる上り潮が流れれば、30−40メートルの溝に仕掛けを止める。下り潮の時は足元で。
  2. 沖向きに上物場
  3. 下り潮を100号から150号の錘でとめて、反転流を釣る。かなりドウネ向きに投げて、正面に落ち着かす
ドウネ沖向き 上物場 本流にのせて100m流す。竿にどかーん
とくる!
コメツブと並んで超1級磯!沖向きは上物。地方向きは底物

2007年3月ドウネでの釣果

2002年3月に73cmの口白1994年4月74cm本石
2002年4月に71.3cm本石
2001年3月に71cm本石
とにかく春のドウネは夢の70オーバーに確立かなり高い
ドウネには先につけるのは、うりた渡船。
ご存知、グレ釣り超一級アシカ


写真の足元でドラグしめているのにズルズル糸だされ
二度の締め込みの末!3号ハリスをぶち切られた!!
正面から下り潮があて潮になり、足元から湧き上がるのでオーバーハングに気をつけて足元を釣る。
ドウネとの水道に遠投して下り潮にのせて釣る。
水族館と呼ばれる釣り座ドウネとの水道か左からの潮の合流点がポイント
左手の磯まで遠投して下り潮の合流点で仕掛けを止める
潮岬の釣りは基本下り潮にのせて釣るが、刻一刻と潮が変わるので合わせてポイントも
変わる。沖で食うので掛ければ比較的取り込みやすい。