菜の花や月は東に日は西に


与謝蕪村

画人・俳人。享保元年(1716)生まれ。1783年67歳没。


鑑賞

この句は神戸六甲山脈の摩耶山を訪れたときのものといわれます。六甲山脈は海の近くで、また当時は、摩耶山には見渡す限り菜の花が咲いていたということです。
 主役は菜の花。「や」が語っています。
 想像してください。見渡す限りの菜の花畑。土と花の香り。黄色。昼から夜に切りかわる静寂。昼でも夜でもない切り取られた時間。海に沈む夕日。視線を動かすと白い月。自身の肉体や呼吸さえも存在せず、体を離れた意識だけが香りと色とを同時に感じる……私はそんな景色を思います。
 いや、蕪村はそんな威厳なものではなく、もっと純粋な美しさを唱ったのでしょうか。みなさんはどう思われますか?


菜の花が好き

蕪村は、他にも菜の花の俳句を残しています。

○ 菜の花を 墓に手向けん 金福寺
○ 菜の花や 摩耶を下れば 日の暮るる
○ 菜の花や 鯨もよらず 海暮ぬ


十四番目の月

 ユーミン好きです(余談)。さて、「菜の花」ときたら、季節は春です。海には沈み行く太陽。反対側には月。私が小学生の時「この句の月はどんな形か」という理科のクイズを本で読みました。答えは満月です。だから、番組内の仲條正義さんイラストは正確に言うと誤りです。しかし、この番組は対象年齢が4歳〜小学校低学年となっているので、「月」のイメージを三日月としたのは誤りではないでしょう。なぜなら、両方とも丸く書けば、混乱するかもしれないからです。いやいや、やはり、混乱してもよいから両方とも丸にしてほしかったです。どうして両方とも丸なのか親子で考えれば良い。しかしさらに正確に言えば、十五夜の満月では,東と西にまん丸な月と太陽を同時に目にすることはできません。ここで再度ユーミン。十四番目の月が一番好きです。


にほんごであそぼふぁんさいと

Copyright 2003 V3 All rights reserved