春の七草

せり なづな
ごぎやう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ ななくさ
(作者不詳)

せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ ななくさ

芹 薺 御形 繁縷 仏の座 菘 蘿蔔 これぞ七草


芹(せり) セリ。水生地に自生する。スーパーなどでも売っています。
競り勝つの意。
薺(なずな) ぺんぺん草。三味線草。私の自宅近辺にも自生しております。
撫でて汚れを除くの意。
御形(ごぎょう) 菊科の植物。黄色い小さな花がまとまって咲く。
仏の体のこと。
繁縷(はこべら) はこべ。撫子(なでしこ)道ばたでよく見かけます。草は地を這っている。白い小さな花が咲きます。
繁栄が蔓延る(はびこる)こと。
仏の座(ほとけのざ) たびらこ。菊科。地面近くに広がるように開いた草に黄色い花。
仏の座のこと。
菘(すずな) カブ。黄色い花が咲きます。
神を呼ぶ鈴を表す。
蘿蔔(すずしろ) 大根。白い花が咲きます。
潔白を表す。


七草粥

お正月のご馳走で、疲れた胃を休めるため。というのは、最近の説。
1月7日は「人日の節句」。前漢の時代の中国では邪気を祓う為に、7日の七にちなんだ七草粥を食し、一年の無病息災を祈ったそうです。
日本にその習慣がうつりました。当時は「コメ、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキ」の7種の穀物の粥を指したようです。
鎌倉時代になり、現在の「春の七草」を七草粥の材料にしたようです。

作り方

材料(四人分)
米1カップ(足りないと侮ってはいけません。私は以前3カップ作って、それはそれはえらい目にあいました)
水7カップ(こちらも本当にこれでOKです。固めが好きな場合は水を少なめに、逆は多めに)
七草(最近はスーパーなどでセットにして売っています。なければ、大根、カブ、三つ葉、ほうれん草、小松菜などで)

1 米をとぎ、鍋に入れる。土鍋がベスト。
2 水を入れ、一時間浸す。蓋をする。
3 中火で加熱。沸騰したら弱火に。土鍋の場合は、火を止めても急には冷えないので、頃合いを慎重に見計らって。
4 弱火で40分。コトコト加熱。
5 塩を少々、七草(固い物は軽く下ゆでを)を投入。蒸らす。

七草囃子

「七草なずな、とんどのとりと、日本のとりと、渡らぬ先に七草なずな」と歌いながら、一月六日の夜に七草を刻みます。京都の方では一種類の草につき、七回ずつ、計四十九回刻むのだとか。とんどのとりとは、中国に伝わる疫病を運ぶ鳥で、疫病が日本に来ないうちにという説、その鳥を追い払えという説などがあります。その怖い鳥、正月の夜に女の子の居る家を襲うのだとか。ああ、本当に怖くなってきた(-_-)

秋の七草

萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花 また 藤袴 あさがほの花 山上憶良(やまのうえのおくら)
はぎのはな おばな くずばな なでしこのはな をみなへし また ふじばかま あさがほのはな

こちらは、食のではなく、観賞用です。
はぎのはな……はぎ
おばな……すすき
くずばな……くず
なでしこ……なでしこ
をみなへし……おみなえし
ふじばかま……ふじばかま
あさがほ……ききょう


にほんごであそぼふぁんさいと

Copyright 2003 V3 All rights reserved