あいうえうた

あいうえ あいおい あいうえお

かきねで かあさん かきくけこ

ささやき しめす さしすせそ

たてたて つちと たちつてと

なのない ののな なにぬねの

はなさけ はるは はひふへほ

まことを みるめ まみむめも

やみこそ ゆめよ やゐゆゑよ

らいせ るりいろ らりるれろ

わらべを うたう わいうえを



漢字に直すと?
漢字の混じった文に直してみました。
様々な漢字に直すことが出来ますね。
私の解釈はいかがでしょうか。


愛飢え 愛追い あいうえお

垣根で 母さん かきくけこ

囁き 示す さしすせそ

立て立て 槌と たちつてと

名のない 野の菜 なにぬねの

花咲け 春は はひふへほ

信実を 見る目 まみむめも

闇こそ 夢よ やゐゆゑよ<

来世 瑠璃色 らりるれろ

童謡を 唱う わいうえを

北原白秋のあいうえうた?
北原白秋の「五十音」という詩もあります。

水馬(あめんぼ)赤いな
ア イ ウ エ オ
浮藻(うきも)に小えびも およいでる

柿の木 栗の木
カ キ ク ケ コ
啄木鳥(きつつき)こつこつ 枯れけやき

大角豆(ささげ)に酢をかけ
サ シ ス セ ソ
その魚(うお)浅瀬で 刺しました

立ちましょ喇叭(らっぱ)で
タ チ ツ テ ト
トテトテタッタと 飛び立った

なめくじのろのろ
ナ ニ ヌ ネ ノ
納戸(なんど)にぬめって なにねばる

鳩ぽっぽ ほろほろ
ハ ヒ フ ヘ ホ
日向(ひなた)のお部屋にゃ 笛を吹く

蝸牛(まいまい)螺旋巻(ねじまき)
マ ミ ム メ モ
梅の実落ちても見もしまい

焼栗(やきぐり)ゆで栗
ヤ イ ユ エ ヨ
山田に灯のつく宵(よい)の家

雷鳥(らいちょう)は寒かろ
ラ リ ル レ ロ
蓮花(れんげ)が咲いたら瑠璃(るり)の鳥

わい わい わっしょい
ワ イ ウ エ ヲ
植木屋 井戸換え お祭りだ

にほんごであそぼふぁんさいと

Copyright 2003 V3 All rights reserved