寿限無

雨も 風も 吹かぬに

出ざ 釜 打ち割ろう

でんでん むしむし でんでん むしむし


かたつむりの哀愁

出ざ釜打ち割ろう(顔を出さないと殻を打ち割るぞ)という少々物騒なセリフですが、思えば童謡の「かたつむり」でも、彼は「お前」呼ばわり。角出せ槍出せ目玉出せとつつかれるような歌ですね。にょろにょろしているので、私はあまり好きではありませんが、狂言の題材になるところを見ると、実は格調高い生き物だったりして……。

狂言「蝸牛」あらすじ

 長寿の薬になるという蝸牛(カタツムリ)を探しに、大和の葛城山に来た太郎冠者。しかし、彼は蝸牛を見たことがありません。主人から特徴は聞いていました。「藪にいて、頭が黒い。腰に貝を付けている。角を出す。」
 さて、藪に休んでいたのは黒い兜巾(ときん)を被った山伏だった。腰に貝をも付けている。太郎冠者は山伏を、これこそ蝸牛だと勘違いし、声をかける。山伏は太郎冠者をからかおうと、角を出す真似をしたりする。太郎冠者は蝸牛(山伏)を連れて行こうとする。山伏は囃子物にのって行こうと提案し、太郎冠者に「雨も風も吹かぬに出ざ釜打ち割ろう」と囃させる。山伏は「でんでんむしむし でんでんむしむし」と音頭を取る。
 そこに現れたのは主人。「あれは蝸牛ではなく山伏だ」と説得。しかし、太郎冠者は山伏に誘われるとまた踊り出してしまう。
 ここから先の結末は流派によって色々であるようです。主人も踊り出してしまうものと、山伏を二人で追いかけるなどというのもあるようです。

「にほんごであそぼ」では

月曜日 野村萬斎氏の父上、野村万作氏登場。衣装、台詞、これが本家本元ですね。
火曜日 子供たち登場。野村萬斎氏と子供たちには蝸牛の角が。
水曜日 コンピュータで処理された萬斎氏。笑い声が衝撃的。


狂言初心者につき、誤りなどがあった場合、
ご容赦下さい。
また、その旨管理人までお知らせ下さい。

このステキなカタツムリの画像は
「猫屋敷」さまから戴きました。


にほんごであそぼふぁんさいと

Copyright 2003 V3 All rights reserved