〜子供のかかりかた〜



まず、焦らないで。
   痛みが無ければ治療を取り立てて急ぐ必要は有りません。
               初めてのことをするのには大人でも勇気が要ったり緊張し不安になります。
               小さなお子さんだとその気持ちはもっと大きいはず。
               まずは、その心を解きほぐすことから始めましょう。



ぼくは子供なんだ!!子供は小さな大人ではありません。子供という1つの人種とし対応しましょう
               『痛くないよ』『すぐ終わるよ』などの嘘は言わずに
               『お母さんには治せないから歯医者さんに治してもらおうね。』や
               『○○ちゃんのお口のバイキンマン先生がやっつけてくれるよ。』
               など、前向きな言葉がけが必要です。
               また、来院前に”治療ごっこ”で遊んでみるのも良い方法です。
               歯医者というところに慣れてもらうことから始めましょう。
               子供にもそれなりの理解が必要です。


ほめてほめて!     子供が治療に望む時、それぞれ心に決めて治療に入ります。
               それが、できた時の子供の目は輝いています。
               その時!しっかりと褒めてやりましょう。子供の自信につながります。

〜子供の歯の守り方〜
子供の歯は大人より弱くって虫歯管理と発育管理を必要とします。
定期的な虫歯チェックはもちろん、あらかじめシーラント(フッ素の樹脂で補強します)をしておくことが
大切です。

・シーラント

・フッ素塗付
・フッ素カウンセリングと個人の予防器具と備品選び
・家庭でのフッ素管理

・虫歯になりやすい子供のリスク検査と診断

また、
虫歯は削ってしまうと、もう元には戻りませんが初期の段階ではフッ素の使用により元に戻ることがあります。
その為に

・ダイアグノデントで定期的に進行度合いをチェックすることが大切です。


子供にやる気と自信をつける歯科治療〜ぼく・わたし できちゃった〜
〜本当の虫歯管理で。大切な子供の歯を守りましょう〜
子供の心の成長を見守りながら適切な治療と管理方法を相談しましょう

お母さんの豆知識
雑草が生い茂っている花壇に、花の苗を植えるとまず、その苗は育たないでしょう。理由は3つ。
1、雑草によって日光が遮られ苗まで届かない。
2、苗のための栄養が雑草に取られる。
3、雑草の病虫害が苗に付く。

雑草は虫歯だらけの乳歯、花の苗は永久歯と同じなのです。
トップ アイコントップページヘもどる
Hit!Graph
子供の治療紹介ページ
〜歯並び編〜
なんといっても、歯並びには成長に沿った定期的な管理が必要です。
特に5・6歳〜12歳まで(小学生迄)の生え変わり期にしっかりと
萌出とむし歯の管理をしておくと、問題が出てきても最小限に抑えることが出来ます。
顎が細いとでも言いますか、歯並びにはよくない骨格が今の時代の子供の特徴の一つでもあります。
しかし、今の時代 人々の美しさやキレイさへの欲求は高くなる一方です。
実際、歯列矯正をされる人は増えてきています。が治療にはまとまった費用がかかります。

むし歯も予防も定期的にメンテナンスを受ける。が賢い親の選択とも言えるかも知れませんね。