ホーム / ご案内 / News & Topics / 大阪女性文芸賞 / 過去の受賞者 /



歴代の受賞者と作品名(佳作は省略)
回 数受 賞 者 名作 品 名
第 1 回 青 木 智 子 「港 へ ……」
第 2 回 吉 田 典 子 「海の見えない港町」
第 3 回 久 保 田 匡 子 「裏 の 海」
第 4 回 西 口 典 子 「凍 結 幻 想」
第 5 回 弓   透 子 「北 の 国」
第 6 回 山 ノ 内 早 苗
 中 村 路 子
 「朝まで踊ろう」
 「姥 騒 動」
第 7 回 斉 藤 史 子 「落 日」
第 8 回 織 部 圭 子 「薄 氷」
第 9 回 鳥 海 文 子 「化 粧 男」
第 10 回 近 藤 弘 子 「うすべにの街」
第 11 回 葉 山 由 季 「二 階」
第 12 回 金 真 須 美 「偽ダイヤを弔う」
第 13 回 (該当作なし) 
第 14 回 柳 谷 郁 子 「月 柱」
第 15 回 畔 地 里 美 「目礼をする」
第 16 回 大 原 加 津 子 「パラレル・ターン」
第 17 回 山 村   睦 「あいつのためのモノローグ」
第 18 回 内 村   和 「心」
第 19 回 井 上 豊 萌 「ボタニカル・ハウス」
第 20 回 野 見 山 潔 子 「島へ吹く風」
第 21 回 吉 澤   薫 「遮 断 機」
第 22 回 鮒 田 ト ト 「純 粋 階 段」
第 23 回 川 本 和 佳 「父 の 話」
第 24 回 海 東 セ ラ 「連結コイル」
第 25 回 逸 見 真 由 「桃の罐詰」
第 26 回 大 西 智 子 「ベースボール・トレーニング」
第 27 回 門 倉 ミ ミ 「通夜ごっこ」
第 28 回 片 岡   真 「ゆ ら ぎ」
第 29 回 朝 倉 由 希 野 「おかっぱちゃん」
第 30 回 津 川 有 香 子 「雛を弔う」
第 31 回 芦 原 瑞 祥 「妄想カレシ」
第 32 回 兼 島   優 「オニヒトデ」
第 33 回 佐 島 沙 織 「幻 惑」
第 34 回 飯 田 未 和 「朝顔の家」


受賞者のその後

★第5回弓透子は「ハドソン河の夕日」で1998年芥川賞ノミネート。

★第7回斉藤史子は2003年「幻の茶器」(淡交社刊)上梓。

★第9回佳作の松谷広子は、筆名西田広子で、1993年朝日放送ラジオドラマシナリオ大賞最優秀賞受賞。

★第10回近藤弘子は、本賞受賞の翌年、福武書店の海燕新人賞を「遊食の家」で受賞。

★第12回金真須美は、本賞受賞の翌年、河出書房新社の文芸新人賞優秀賞受賞しプロデビュー。

★第13回佳作の前川ひろ子は、1998年NHK銀の雫賞受賞。

★第14回柳谷郁子は本賞受賞を機に新聞雑誌などで活発に作家活動を続ける。

★第14回佳作受賞の中井眞耶は「邪馬台」で第10回神戸ナビール文学賞を受賞。

★第15回佳作の青木和は、2000年「第1回日本SF新人賞」佳作受賞、プロ作家に。

★第16回佳作の今井絵美子は後に時代小説でデビューし人気作家に。

★第18回内村和は、2003年「長野文学賞」受賞。

★第25回逸見真由はその後NHK第8回銀の雫文芸賞受賞。

★第26回大西智子は第8回小説宝石新人賞受賞しプロデビュー。

★第28回佳作受賞の片島麦子はその後講談社ワルプルギス賞を受賞しデビュー。



ホーム / ご案内 / News & Topics / 大阪女性文芸賞 / 過去の受賞者 /