STRATOS

Gunparade March fan page







side:AlfaSystem / side:SCEI

 伝説は、HEROは、絶望の中から目覚める。

 つまりは、そういうゲームなのである。
 熱狂し、Sランクを見、世界の謎BBSや外伝を見て裏切られ、「俺が望んでいたGPMはこうじゃなかったのに…!」とプレイヤーが絶望するまでだって、ゲームの仕組の一部なのだ。
 絶望を生んだ愛情と憎しみを糧に絶望から立ち上がった時、新たなミッションが始まる。
 それは「こうじゃなかった、こうであるはずだったGPM」探求の旅であり、プレイヤーそれぞれが「俺GPM」を見つけ出し、それを完成させる為に戦い、成し遂げたときがGPMというゲームの終わりなのだ。
 GPMとは大きく見ればそこまでの、そしてその為のゲームなのである。
 …多分。
 PS版と照らし合わせて考えると、このゲームにおける最終ボスとは、そうやって「俺GPM」の為にプレイヤーが戦う理由(幻獣)を作り出したアルファシステムであろう。
 更にアルファの出すこのゲームのヒント(アジテーション)を読むに、どうやらPS版同様、世界(業界)を救う為には、我々は彼らの要求する絢爛舞踏となり、Sランクを取らねばならないようだ。
 絢爛舞踏になるには勉強しなくてはならないらしい。
 そしてSランクを取る為にはそれだけではなく、アルファを…なくてはならないと思われる(ノ*゜▽゜*)
 だが、我々のPS版GPMのプレイ目的が結局はSランククリアではなくなったように、必ずしもこのゲームでSを取る必要もないのではなかろうか。
 世界を救いたい奴は救えばいい。
 利害の一致からアルファを利用するのもいいし、アルファに利用されてやるのもいいだろう。
 だが、世界なんか無視して好き勝手にやったっていいのだ。
 製作者の意図に従うも、反発するも、プレイヤーの自由である。
 GPMというゲームをどう遊ぶかは、我々の自由だ。
 どうせなら、面白おかしく遊び倒したいものだと思うが、どうするのが一番面白いだろうか?


〔review/refute〕 〔fanfiction〕 〔diary〕 〔bbs〕 〔link〕 〔s.ma.p._top〕 〔mail〕

5/25 個人的GPMリンクページ・暫定版(つーか、自分用メモ)
10/17 jesさんのGPM日記を暫定公開



 それは、小学生や中学生が頭に描く夢のゲームです。
 現実に似た仮想の世界があり、そこではなんでもプレイすることが出来る、一言で言えば、ガンパレード・マーチとはそんなゲームだと言うことが出来ます。
 現実に似たその仮想世界で、勇者ごっこするのもよし、優等生を演じるもよし、落第生でいつも世話を焼かれる役を演じるもよし。
そこでは知恵と工夫次第でどんな役割を演じることも出来ます。
 ガンパレード・マーチは26人の登場人物からなります。
今の日本とは、少しだけ違う歩み方をしたもう一つの日本。

 幻獣と呼ばれる怪獣の出現に日々悩まされているその国の(そう、いつも自衛軍は負けているのです。)地方都市、そのまた一高校の一クラスが物語の舞台になります。
〜オフィシャルサイトより抜粋〜



「STRATOS」はプレイステーション用ソフト「高機動幻想ガンパレード・マーチ」のファンページです。